赤ちゃんの脂漏性湿疹はいつまでなの?

生まれたばかりの時にはきれいだった赤ちゃんのお肌。でも気がつくと湿疹が・・・。

そんな経験をするお母さんも多いのでは?

080710a

早い赤ちゃんでは生後数週間から出る湿疹。

それは、

脂漏性湿疹

かもしれません。

脂漏性湿疹って?

080710a

脂漏性湿疹の特徴は、

  • 顔や頭などに広く分布する
  • 黄色い硬いかさぶたができる

こと。

  • 眉間や眉毛の中
  • 頬全体
  • 頭皮

に出ることが多いのですが、赤ちゃんによっては赤い湿疹の場合もあります。

手をこまねいているとあっという間に、広がってしまいますから、ケアが必要になります。

脂漏性湿疹の原因って?

080710a

脂漏性湿疹の原因は活発な皮脂の分泌

生まれて間もない赤ちゃんは新陳代謝が非常に活発。

そのため皮脂の分泌も活発なのです。

そのままにしていたら新陳代謝が盛んに行われている赤ちゃんは汚れやすくなります。

そのため、きちんと体を洗ってあげることが欠かせません。

アトピーと似ているので判別しにくい!?

080710

見た目にアトピーの症状と変わらないために、その判別に苦慮する場面の多いのが脂漏性湿疹。

新生児の赤ちゃんの場合だと、さらにアトピーなのか脂漏性湿疹なのか見分けにくいのがもどかしいですね。

ですが、適切に対応していけば脂漏性湿疹は怖くありません。

120184

むしろこの時期特有の、生理現象のひとつなのです。

脂漏性湿疹は、アトピーのような痒みが少ないと言われています。

そのため、赤ちゃんが痒がらずにいる場合は、自宅での対応でも十分です。

もしアトピーだったら?

080710a

もし赤ちゃんのアトピーだった場合は、対処方法が異なります。

そのため、医師や専門家の意見が大切。

もし激しく痒がるの場合は、早いうちに病院に連れて行きましょう。

脂漏性湿疹かアトピーかの判別は、その激しい痒みが参考になります。

赤ちゃんが、

  • 四六時中、痒がり泣くのならアトピーの可能性
  • あまり痒がらずに黄色や赤い油っぽい湿疹が出ているようなら、脂漏性湿疹の可能性

があります。

生後3ヶ月~4ヶ月までがピーク!

h080709

赤ちゃんの脂漏性湿疹のピークは、いつまでなのでしょうか?

その答えは、

生後3ヶ月~4ヶ月までの間

と言われています。

個人差はありますが生後1歳を過ぎると自然に収まります。

それまでは、

  1. お母さんから受け継いだホルモンの影響で
  2. 皮脂分泌が激しく毛穴が詰まりやすいため
  3. 脂漏性湿疹が出やすいのです

脂漏性湿疹のケアには「丁寧」が基本!

120184

脂漏性湿疹が長引くのか、短期間に終わるのかは赤ちゃんの体質にもよります。いつまで油っぽいのか悩みますね。

でも小まめに赤ちゃんの肌をケアしてあげれば、外に出られないほどひどくはなりません。

一番は、

  1. 沐浴やお風呂の時間に
  2. 柔らかくて清潔なガーゼで
  3. 丹念に湿疹部分を拭いてあげる

ことです。

強くこすると摩擦で細菌が入りますから、

優しくふんわりと洗うこと

を心がけましょう♪

頭皮などに出る脂漏性湿疹には

  1. 沐浴や入浴前に
  2. あらかじめワセリンなどを使い薄く塗りましょう

120184

気長に肌のケアをしていればその内、脂漏性湿疹のピークも過ぎていきます。

慌てず適切なケアをしてあげましょう♪

ベテランママおすすめ保湿剤♪

h080709
赤ちゃんの繊細なお肌に!!助産師・各施設で使われている保湿剤!
⇒ファムズベビー




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ