赤ちゃんの風呂上りに湿疹が!!そんなときは・・・

お風呂上がりに赤ちゃんのお肌に湿疹が見られることがあります。
突然起きるのではじめて赤ちゃんを育てるママは動揺してしまうかもしれません。

でもそこまで、心配しなくとも大丈夫な場合がほとんど。

096922

  • お風呂上がりのとき
  • 爪で引っかいて小さな傷が出来ているとき

は「小さな湿疹が起こる」のは珍しいことではなく、あまり心配する必要がありません。

心配のない湿疹はどうして起こるの?

096921

その原因の大半は

温度差

です。

お風呂上がりは血行が良くなるため、普段見えないものが浮き出てきます。

そのため、突然の湿疹でパニックに陥るお母さんも少なくなりません。

ですが、

  • 小さな湿疹も
  • 目立たない傷による炎症も

血行が良くなる事で見えやすくなるだけなのです。

こういった心配のない湿疹の場合は、痒みがありませんから、赤ちゃんも平然と機嫌よくしていると思います。

寒い時期の湿疹には要注意!!

096922

もうひとつの原因は、寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)と呼ばれるものです。

寒冷蕁麻疹は強い痒みがあります。

赤ちゃんもお風呂上がりにこの寒冷蕁麻疹が出ると、痒みの不快感から激しくぐずり始めると思います。

寒冷蕁麻疹はどうして起こるの?

  1. お風呂上がりに
  2. 急な温度差を感じると
  3. 血管周辺の細胞を過度刺激してしまいます

すると、ヒスタミンという成分が体内から放出され、皮膚に赤みを帯びた膨らみが生じます。

これが寒冷蕁麻疹と言われるものです。

赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄いので、より発症しやすいのです。

分かりやすく表現すると、

虻に刺された時のような腫れ

を想像すると近いかもしれません。

  • 膨らみが目立ち
  • かくほど膨らみが大きく広がる

ため、要注意です。

温度差が縮まると自然と沈静化していきますが、アトピーやアレルギーを誘発する可能性もあります。

寒冷蕁麻疹の場合は、赤ちゃんのお風呂上がりに少し気をつけてあげる必要があります。

暖かい時期にも起こる蕁麻疹!

096919

冬場だけどうにか過ごせば、蕁麻疹の心配もないかなと安易に考えるのも禁物。

赤ちゃんは汗っかきですから、かぶれなどを予防するためにエアコンで温度調節している家庭も多いはずです。

ですが、このエアコンによる温度差でも蕁麻疹発生の可能性が・・・。

エアコンの適切な使用を!!

夏場のお風呂のあとは、

扇風機などで対処して最初からエアコンに頼るのは控えたほうがいい

かもしれません。

夏場の蕁麻疹は、

  • かくことで患部が広がる
  • ばい菌が傷口から入り化膿しやすい

特徴があると言われています。

炎症が悪化するとお風呂自体控えなくてはならないという事態になりかねませんから気をつけましょう♪

赤ちゃんの素肌を守る秘訣って?

096921

赤ちゃんのお風呂上がりの湿疹を予防するには、

保湿が最重要

となります。

冬場は赤ちゃんの肌も乾燥しやすいので、痒みを感じやすい環境におかれています。

普段から保湿を心がけて、赤ちゃん用の保湿クリームなどを使用していれば、湿疹が出来にくくなります。(ちなみに私は水の彩という保湿クリームを使っています)

お風呂の温度にも要注意!?

また、お風呂の温度にも気を配りたいものです。

というのも

お湯の温度と室温の温度差を感じさせないため

です。

赤ちゃんは大人とお風呂に入りますから、大人に合わせてお湯が熱い場合がほとんどではないでしょうか?

赤ちゃんのことを考えると赤ちゃんをお湯に入れるときには水で薄めるのが良いでしょう。

赤ちゃんには39度が理想です。

39度以上だと、大人にはぬるめでも赤ちゃんには熱く感じられます。

096917

湿疹が酷いようなら、小児科でアレルギー用の塗り薬と飲み薬を処方してもらうと安心です。

あまり深く考えすぎる必要もありませんが、ほったらかしにして良いものでもありません。

そのへんのさじ加減が難しいと思いますが、可愛い赤ちゃんのためにも注意深く見守ってくださいね♪

ベテランママおすすめ保湿剤♪

h080709
赤ちゃんの繊細なお肌に!!助産師・各施設で使われている保湿剤!
⇒ファムズベビー




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ