乳児湿疹は保湿の仕方でキレイに治せる!?

乳児湿疹は一体どのようにしたら治せるのでしょうか?
可愛い赤ちゃんの魅力を損なう乳児湿疹。

割合ポピュラーな病気なので病院でも最終的には「放って置く」という措置が取られやすい乳児湿疹。

もし、「保湿の仕方でキレイに治せたら・・・」そそんな方法あるのでしょうか?

080710a

乳児湿疹にはこんなに種類がある!!

h080709

ひとくちに乳児湿疹といっても、種類や症状は多種多様。

そのため、お母さんも我が子の辛い症状を見ながら右往左往してしまいがち。

ですが、乳児湿疹はコツを掴めば自宅でも対処可能です。

低月齢の時の湿疹

例えば低月齢の時には「あぶらっぽい湿疹」が出ます。

これは脂漏性湿疹といいますが、この場合は

小まめにグジュグジュ感を取り除くための対処

をします。

乾燥が原因の乳児湿疹

逆に生後2ヶ月、3ヶ月と、赤ちゃんが大きくなり始めると乾燥した環境で湿疹が増えてきます。

月齢によって症状が変化するためお母さんは注意が必要です。

そんな乳児湿疹ですが、乾燥が原因の場合、保湿の仕方で上手にケアすることができます。

月齢が高くなると増加する乾燥性湿疹

080710

赤ちゃんが大きくなるにつれて、問題になるのは乾燥性湿疹。

もっと小さい時は、脂漏性湿疹というウエットな湿疹が主体だったので、お母さんたちも「気がついたら赤ちゃんの湿疹の質が変わっていて驚いた」という人が多いみたいですね。

生まれた時期で乾燥性湿疹になりやすい!?

ですが月齢が低くても乾燥性湿疹になることがあります。

それは、

秋冬生まれの赤ちゃん

です。

外気が乾燥した時期に生まれると、脂漏性湿疹ではなく最初から乾燥性湿疹という、乳児湿疹になる可能性が・・・。

そんな乾燥性の乳児湿疹には保湿が非常に大切です。

保湿の仕方次第で赤ちゃんのお肌を健やかに保つことができます。

いろいろな保湿方法で赤ちゃんを守る!

120184

初めてに大切なのは、

石鹸で赤ちゃんの湿疹部分をキレイに洗う

こと。

赤ちゃんの中には脂漏性湿疹と感想性湿疹を、交互に繰り返してしまう場合があります。

それほどデリケートな肌なのです。

どんな石鹸を使えばいいの?

石鹸はベビー用の優しい石鹸を使いましょう。

大人用の石鹸だと

  1. 皮脂の汚れが取れすぎて
  2. 返って乾燥を促進してしまう

からです。

保湿の仕方

赤ちゃんの保湿には

お肌に優しい保湿剤

が欠かせません。

清潔に洗った乳児のお肌に保湿剤をたっぷりと塗ってあげる。

それだけでOKです。

もったないと使う量を節約するのはNG。

保湿剤の力を半減させてしまいます。

  • 刺激の少ない保湿剤を
  • たっぷりと使う

このような保湿の仕方を心がけましょう♪

乾燥する時期に注意したいこと!!

それから、乾燥する時期には湿度にも注意して欲しいと思います。

  1. 加湿器などを使い
  2. 室内の乾燥から赤ちゃんを守ることで
  3. 予防効果がグッとアップします

乳児湿疹は保湿の仕方次第で・・・

h080709

このように、乳児湿疹は保湿の仕方で上手にケアできます。

焦らずにドッシリと構えて適切な対処をしてほしいと思います。

赤ちゃんのキレイな肌を蘇らせるのは保湿の仕方にかかっています。

ピカピカでふわふわの赤ちゃんの肌を思い浮かべて、乳児湿疹からサヨナラしましょう♪




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ