新生児の顔のポツポツってどうしたら治るの?

赤ちゃんの肌は、大人のように皮膚に厚みがなく、とくに新生児の赤ちゃんの顔は、薄くて皮膚のバリア機能も非常に未熟。

皮膚のバリア機能が未熟なため、様々な肌トラブルが起きます。新生児の顔のポツポツなどもそうです。

これらの症状は乳児湿疹と呼ばれています。

知っておきたい乳児湿疹!

096922

ひとくちに乳児湿疹と言っても、

  • 乳児アトピー
  • あせも
  • 乳児脂漏性湿疹

などがあります。

その中でも、新生児がかかる乳児湿疹は

新生児ニキビの可能性が極めて高い

と言われています。

新生児の顔のポツポツは、生まれてすぐに発症する場合が多いのが特徴。

もし、こうした新生児の顔のポツポツが生後すぐから現れ始めたら新生児ニキビです。

新生児ニキビなったら?

096921

生まれたばかりの赤ちゃんの症状に気を揉む事もあるでしょうが心配はご無用♪

しっかりと対処できれば、新生児の顔のポツポツも直ぐに沈静化します。

こまめなケアこそが可愛い赤ちゃんにモチモチ肌を蘇らせる近道なのです。

新生児ニキビの特徴と原因!

新生児の顔のポツポツで一番多い新生児ニキビは、

生後1週間

から見られます。

生後1週間~1ヶ月に見られるのが特徴です。

見た目はニキビそのもので赤いポツポツです。

そのポツポツが、

に現れ、最終的には顔全体が赤くなるほど広がります

あまりにも見た目がひどいので見慣れないお母さんは、深刻に考えてしまいがち・・・。

ですが、清潔にケアしていけば、生後2ヶ月を過ぎる頃には落ち着きます。

新生児ニキビの原因って?

新生児ニキビの原因は、

お母さんから受け継いだホルモン

です。

  1. ホルモンの影響で
  2. 皮脂分泌が過剰になり
  3. 表皮の毛穴に皮脂が詰まりやすくなります

すると、そこから炎症が起きて、新生児ニキビが増えて行くことになります。

赤ちゃんも気持ちが悪いですから、手で引っ掻いたりして、ますます炎症が悪化します。

暑い季節に気を付けたいこと!!

特に皮脂分泌の盛んな暑い時期は、顔を覆うようにポツポツが広がります。

基本的に赤ちゃんの感情表現は泣くこと。

泣き始めたら不快感の原因を察知しましょう。

注意深く見ていれば、顔を掻きむしったりする行動で、新生児ニキビの不快感だとわかります。

ポツポツのケア方法!

096922

新生児ポツポツの一番のケア方法は、

清潔にする

こと。

汗をかいていたら拭ってあげること。

そして、沐浴時には丁寧に顔をお湯でぬぐってあげましょう。

この時に使う布はガーゼが基本です。

新生児の肌は繊細なのでごわついた布は避けてください。

そしてガーゼは肌触りの良いものが理想です。

石鹸の使いすぎも・・・

人間の体の汚れの80%はお湯だけで落ちるとも言われています。

ちなみに芸能人のタモリさんや福山雅治さんなどは石鹸を使わずにお湯だけで体を洗うそうです。

石鹸で洗いすぎると皮脂が根こそぎ洗浄されてしまいます。

まるっきり石鹸を使用しないというのは、衛生的に問題がありますが使いすぎるのもNGです。

特に新生児は、生まれたばかりで表皮が薄いこともあります。

新生児には最小の使用にとどめましょう♪

夏場に垢が多く出るような季節は石鹸を使う必要がありますが、冬場などはお湯で十分。

石鹸を使うときに気を付けたいこと!

そして石鹸を使うときは、

刺激の少ないもの

を選んであげてください。

新生児用のお肌への刺激が少ない石鹸もたくさん発売されているのでそういったものを活用しましょう♪

保湿も忘れずに!

新生児の体を洗ってあげたら必ず保湿をしてあげましょう。

体を洗うことでお肌のうるおいがなくなってしまいます。

そのため、新生児用の刺激の少ない保湿剤を使ってうるおいを補充してあげることが欠かせません。

096920

新生児の顔のポツポツは短いあいだの事なので、慌てずに適切なケアをしましょう。

  • 赤ちゃんに目を配る
  • 適切な処置をする

ことを心がければ「新生児ニキビも恐れるに足りず!」です♪

ベテランママおすすめ保湿剤♪

h080709
赤ちゃんの繊細なお肌に!!助産師・各施設で使われている保湿剤!
⇒ファムズベビー




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ