乾燥肌が原因で出る赤ちゃんの湿疹。知っておきたいポイント!!

赤ちゃんはスベスベの肌をしていますが、意外と湿疹が出やすいもの。

096922

生まれて1か月までの新生児の頃は、皮脂の分泌が盛んな為に脂漏性湿疹が出る赤ちゃんがほとんどですね。

しかし、その後生後1~2か月以降は皮脂の分泌が減っていくので赤ちゃんの肌も乾燥が始まります。

この頃から赤ちゃんにも

  • 湿疹が出るようになり
  • 痒くて夜中にぐずったり
  • 自分で掻いてしまう

ことによって湿疹を悪化させてしまうこともあります。

見ているお母さんも辛いですね・・・。

乾燥による湿疹の特徴って?

096921

乾燥が原因である湿疹の特徴としては・・・

  • 小鼻、手の平など皮脂の分泌が多い部分には出ない
  • ほっぺた、お腹、足(特に太もも)には多く出る
  • 冬は症状が悪化し、湿気の多い夏には良くなる

が挙げられます。

そのため、夏や秋の初めに生まれた赤ちゃんは、生後1~2か月の皮脂の分泌が減少する時期に大気が乾燥する冬を迎えることになるため、特に注意が必要です。

乾燥肌って?

096921

乾燥肌とは、文字通り肌が普通の人より乾燥している状態をいいます。

そして、肌が乾燥しやすい人は、肌のセラミドが少ない点が共通しています。

セラミドが足りないと肌のバリア機能が弱くなるので、

  • 外からの刺激やアレルギー性の物質等が侵入しやすくなる
  • 肌が痒くなる
  • 酷い場合は黴菌が入って肌がジュクジュクする

などの症状が出る場合があります。

また、赤ちゃんの肌は大人の肌の1/3位の厚さしかありません。

それだけでも肌の中に蓄えることが出来る水分が少ないことが分かるでしょう。

これらの原因が重なって乾燥性の湿疹が出来てしまうのです。

お風呂の入れ方

096922

湿疹のある赤ちゃんをお風呂に入れる時は、

  • ガーゼを使わず
  • 石鹸をよく泡立て
  • お母さんの手で洗う

ことを心がけましょう。

ガーゼは赤ちゃんにとってはとてもザラザラしていて、湿疹の部分をそれで擦られては、

  • 刺激が強過ぎて痒みが出たり
  • 症状が酷くなる

ことがあります。

泡で優しく洗ってあげ、よくすすいで石鹸分を落とします。

普段、ミルクや食事の後に口周りが汚れたり赤くなったりした場合も、乾いたガーゼで拭き取るのではなく、せめて濡れたガーゼでトントンとなるべく擦らないように拭くようにしましょう。

手やおむつの中が赤くなったり湿疹が出た場合は、お湯で洗い流すのが一番です。

乾燥による湿疹への対処法

096917

乾燥性の湿疹には保湿が欠かせません。

お風呂上がりにもすぐ全身に保湿剤を塗ることです。

乾燥がひどい赤ちゃんの場合は、お風呂から上がった後、タオルで水分を拭き取る前に保湿剤を塗るのが効果的です。

保湿剤の塗り方は、お母さんの手の平で伸ばすようにするのが良いでしょう。

指先で伸ばすと力が入ってしまって

  • 赤ちゃんの皮膚を刺激してしまったり
  • 保湿剤が均一に伸びにくい

からです。

特に赤ちゃんの顔に保湿剤を塗る時は、擦らず手の平で赤ちゃんの顔を覆うような感じで優しく塗るようにしましょう。

保湿剤の量は、赤ちゃんの肌が『すべすべ』よりも、もう少し『しっとり』か『ベタベタ』する位塗った方が乾燥性の湿疹には良い言われています。

皮膚科の薬は?

096921

湿疹が酷くなった場合は小児科か皮膚科を受診しましょう。

酷い場合はステロイド(キンダベード、ロコイド等)が出る場合もあります。

ですが、乾燥性湿疹の場合はヒルドイドクリームかローション、またはプロペトが処方されることが多いようです。

ヒルドイドとプロペトを合わせた保湿剤が出る場合もあります。

赤ちゃんに依っては市販のワセリンで良くなったという例も多いです。

ステロイドは使いたくないでしょうが、症状によっては医師の指示に従って、

「もう塗らなくていいですよ」

と言われるまでは使い続けることです。

少し湿疹が良くなったからといって勝手に止めてしまうと

  • 結局ぶり返し
  • 少し良くなってはまた悪くなって塗る

といったように
ステロイドをダラダラといつまでも使い続けることになってしまいます。

それを防ぐには、

完全に治るまでは決められた量を毎日ちゃんと塗る

というが大切。

ステロイドには色々な問題があると言われていますが、必要以上に怖がって症状を長引かせないように必ず医師の指示に従いましょう。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ