カサカサ肌の赤ちゃんの保湿ケアはどうすればいいの?

赤ちゃんの肌と言えば「ぷるぷるしっとり」というイメージがありますが、実はとっても乾燥しやすいんです。

096922

ちょっと油断するとすぐにカサカサになってしまい焦ってしまうママも多いのではないでしょうか。

そんなカサカサお肌にならないためにはどんなケアをすればいいのでしょうか?

どうしてカサカサになるの?

096921

そもそもどうして赤ちゃんがカサカサ肌になってしまうのでしょうか。大きく分けて2つの理由があります。

皮膚が薄い

赤ちゃんの皮膚は大人の半分程度の薄さしかありません。しかも肌を守るバリア機能もまだ未熟です。

お肌の水分を保持する力が弱いので、大人に比べて乾燥しやすいのです。

そのため気温や湿度の変化など、ちょっとした刺激にも反応してカサカサしたり赤くなり荒れてしまうのです。

生後4ヶ月くらいから水分量が減る

生まれたときにはぷるぷるもっちりのきれいなお肌の赤ちゃんでも、生後4ヶ月あたりから急に乾燥しやすくなります

生後3ヶ月頃から皮脂の分泌が減ってくるため肌の水分を保ちにくくなり、そのためすぐにカサカサお肌になりやすくなってしまうのです。

だいたい1歳くらいには落ち着いてくるのですが、それまではしっかり保湿ケアをしてあげる必要があります。

保湿ケアはどうして必要なの?

096921

大人のちょっとした肌荒れなら何もしなくてもいつの間にか治ってしまうこともありますが、抵抗力の弱い赤ちゃんの場合はちょっと危険です。

「そのうち治るでしょ」と放置していると、傷ついた肌から細菌が侵入してかゆみや赤みがひどくなることもあります。

さらに悪化すると、

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱

などの症状が出る恐れもあるので、やはり保湿ケアはしっかりしたほうがいいでしょう。

肌荒れを起こさないための予防と、カサカサになった時の対処として保湿ケアが必要になってきます。

カサカサ肌を防ぐには「洗浄」と「保湿」!

096922

赤ちゃんのお肌の乾燥を防ぐには、毎日のスキンケアが大切です。そのために重要なのが

  • 汚れを落とす「洗浄」
  • 肌を守る「保湿」

です。

まずは汚れをしっかり落としましょう!

「乾燥するからといってお湯でさっと流すだけ」というのはNGです。

汗や食べ物などの汚れをしっかり落すことで、肌トラブルだけでなく様々な病気から赤ちゃんを守ることができるのです。

  1. ベビー用石鹸をたっぷり泡立てて
  2. 優しく撫でるように洗いましょう

優しくしたつもりでも大人の力は強いので、

そーっとなでるように優しく優しく泡で洗う

ようにしましょう。

首のくびれや耳の後ろなど、汗をかきやすい場所も忘れずに。

そして、

  1. 少しぬるめの36~38℃のお湯で
  2. 泡を残さないようにしっかり洗い流してください

残った泡も赤ちゃんにとっては刺激となることもあるのです。

タオルで拭くときもそーっとです。ぽんぽんと水気を吸い取る感じがいいでしょう。

入浴後の保湿は素早く!

そしてお風呂から出たらとにかく早めに保湿ケアを行ってください。お風呂上りには体の水分量がどんどん減ってしまうからです。

体の水分を拭き取ったら、全身をマッサージするように塗っていきましょう。

  1. オイルやクリームなど油分の多い保湿剤を
  2. ママの手の平で温めてから
  3. おなかや背中からゆっくりと塗り始める

と赤ちゃんをびっくりさせずに塗ることができるでしょう。

いつでもどこでも、気になったらすぐに保湿!

お風呂上りの保湿は完璧、でもそれだけでは足りないのです。

どこにいても赤ちゃんは様々な刺激にさらされています。

  • ここにテキストが入ります。
  • 屋外では外の空気に触れ乾燥しやすく
  • 室内でも衣服や食べ物の刺激で肌荒れを起こしやすい

ので、きちんとケアする必要があります。

  • 外出前には肌が出る部分
  • 食事のあとには拭いた口のまわり
  • オムツ替えの時にはおしり

になどこまめに塗りましょう。

外出時には携帯できる保湿剤を持っていれば、気になった時にすぐケアできるので1つ
バッグに入れておくといいですね。

日常生活でできるお肌の乾燥対策!

096917

保湿ケアには保湿剤を塗るのが有効な方法ですが、それ以外で気をつけることはあるのでしょうか。

肌に優しい素材を選ぶ!

服やタオルの素材によっては肌を刺激してしまうものがあります。オーガニックコットンなど刺激の少ない素材のものを選びましょう。

露出の多い服は避ける!

夏場、暑いからと言って腕や足が出た服を着せていると乾燥が進みカサカサになってしまいます。

かといって長袖をがっちり着せてしまうとあせもの心配もありますよね。

薄手で袖があるものなど、こまめに服装はチェックして乾燥と汗に気をつけましょう。

加湿器を使う!

冬場は空気の乾燥が心配ですよね。そんな時には加湿器が有効です。

湿度50~60%くらいに保つとお肌にも安心ですし、ウイルス感染予防にも役立ちます。

096920

赤ちゃん用の保湿剤には、ローションやジェル、オイル、クリームなど様々なタイプがあります。

ママが塗りやすいもの赤ちゃんの肌に合うものなど、それぞれ違うのでいくつか試して一番最適なものを見つけてください。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ