赤ちゃんのデリケートな肌がゴワゴワになったら?

赤ちゃんの肌は非常にデリケート。気づくとゴワゴワになってしまうことも・・・。
見た目にも良くないので、気にされるお母さんも多いのではないでしょうか。

080710

乾燥が続くとゴワゴワ肌になるため、赤ちゃんのためにも何とかしたいもの。

乾燥からは逃れられないのは赤ちゃんも大人も同じ。

ですが大人と同じような対処法は繊細な赤ちゃんには刺激が強すぎます。

赤ちゃんの機嫌を見ながら適切な方法でケアしてあげましょう♪

乳児乾燥肌の予防には何がいいの?

080710a

  • 保湿不足
  • 肌荒れ

などいろいろな理由から赤ちゃんは乳児乾燥肌からゴワゴワ肌になってしまいます。

ただの乾燥だ甘く見ていると、あっという間にゴワゴワ肌になることも・・・。

赤ちゃんにとっての乾燥は・・・

乾燥は赤ちゃんにとっては重大な問題

というのも理性の歯止めが効かないからです。

気が付けば、血が滲むほど掻き壊しているなんてことも・・・。

さらに免疫細胞が乾燥を有害なものと認識してしまうとアトピーや湿疹になる可能性も。

⇒乾燥肌が原因で出る赤ちゃんの湿疹。知っておきたいポイント!!

こうした二次被害を生み出さないためにも予防が重要です。

ゴワゴワ肌予防のポイント!

h080709

最も大切なのは保湿です。

お肌にうるおいがあれば、痒みを抑える事ができます。

乾燥によるゴワゴワ肌を予防するには

  • ワセリン
  • 保湿クリーム

などを上手に活用するのがおすすめ。

ワセリンはお値段が安いのがメリットですが、べたつきが気になります。

コスパと使い心地を考えるなら水の彩などの保湿ジェルクリームが特におすすめです。

柚子湯のススメ

120184

ところで、冬至の日には柚子湯に入ることになっていますが、柚子湯の経験はおありでしょうか。

実はこの柚子は血管を収縮させ、痒みに役に立つを言われています。

柚子湯のメリット

柚子湯には、血流を安定させる成分が含まれるので、乾燥肌で痒みを感じる赤ちゃんにはもってこい。

痒みを抑えることは結果的にゴワゴワ肌の予防につながります。

また柚子の皮には、

  • ビタミンC
  • クエン酸

も含まれているため肌のトラブルに役立ちます。

そこで、週に1回ほど柚子湯を楽しまれてはいかがでしょうか。

具体的な方法は?

購入してきた生の柚子をそのまま湯船に投入するだけ

それだけで柚子湯になります。とっても簡単ですね♪

天然成分の柚子なので、赤ちゃんの肌にも優しいのでおすすめです!

洗剤にも気を付けよう!

h080709

最後に、見落とされがちな原因のひとつに洗濯洗剤があります。

洗濯は家族全員分を一緒に同じ洗剤で洗う場合がほとんどです。

ですが、この洗濯洗剤の成分には赤ちゃんにとっては有害になりかねないものもあります。

それは、

  • 合成界面活性剤
  • 蛍光増白剤
  • 香料

などさまざま。

汚れを落とすには欠かせない成分ですが皮膚の弱い赤ちゃんには有害です。

敏感な体質の赤ちゃんも多いので、面倒でも

赤ちゃん用の洗剤

を使いたいものです。

120184

赤ちゃんの肌がゴワゴワになってしまうと治すのに時間が掛かります。

ゴワゴワ肌になる前にしっかりと予防をすることが大切。

また、ゴワゴワ肌になったら保湿剤で保湿ケアを忘れずに行いましょう

ベテランママおすすめ保湿剤♪

h080709
赤ちゃんの繊細なお肌に!!助産師・各施設で使われている保湿剤!
⇒ファムズベビー




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ