赤ちゃんの肌がつっぱるのは洗いすぎが原因なの!?

赤ちゃんの肌がつっぱるとき、その原因はひとつではありません。

h080709

そのため、赤ちゃんの肌がつっぱるときはいろいろな可能性の中で

赤ちゃんがどのタイプなのか?

を知ることが大切です。

赤ちゃんの肌がつっぱる原因って?

080710a

冬場の乾燥時期が原因!

冬場はどうしても外気が冷たいため、皮膚が過剰に乾燥してしまいます。

皮膚の角質層は水分を保ち、潤いを持たせています。

そんな皮膚の角質層の天敵は気温の低下

季節で言うと1月~2月の冬の時期は皮脂量が減ります。

  1. 皮脂が減ると
  2. 角質層の水分が損なわれて
  3. ガサつきから始まって
  4. つっぱるようになります

大人よりも皮膚の薄い赤ちゃんの肌は1月を待たずに秋頃から乾燥の被害を受けます。

赤ちゃんの肌のつっぱる症状が秋から出始めたと思ったら、原因は乾燥と思っていいでしょう。

赤ちゃんの冬の肌は乾燥しやすい!?効果的な対策は?

乳児湿疹予防のために洗いすぎている!

080710

赤ちゃんは生後3ヶ月くらいのときに、DHA濃度の高まりと共に皮脂分泌が盛んになります。

それが湿疹になりニキビのようになります。

また、4ヶ月頃から乾燥による湿疹も増えます

  1. かゆみを感じやすいので
  2. 掻きむしりそこから雑菌が侵入し
  3. ジクジクしてしまいます

こうした諸症状を改善するために、一生懸命洗顔しているお母さんが少なくありません。

よかれと思って

洗顔していることがかえって皮膚に必要な皮脂を洗い流してしまう

のです。

その結果、赤ちゃんの肌は乾燥状態になり、つっぱることに・・・。

もしかして、洗いすぎているとうことがないか確認してみてください。

乳児湿疹の原因と保湿の必要性について

アトピーの炎症からつっぱるように見える!?

乾燥に見えやすいので誤解してしまいますがアトピーの場合も考えられます。

アトピーは一見、

皮膚がポロポロと剥がれてしまう

ことがあるため、乾燥しているように見えます。

でも、「赤ちゃんの肌がつっぱる・・」と思っていたらじつはアトピーであったということも。

  • かゆみ

が出るようなら皮膚科か小児科を受診してみましょう。

無添加石鹸という安心感がつっぱりを招く?

080710

赤ちゃんに優しい素材を探して、無添加石鹸にたどり着くのはよくあること。

「無添加だからいくら使用しても大丈夫!」とゴシゴシ体中を無添加石鹸で洗っていませんか?

無添加とは言え、石鹸には変わりありません。

洗いすぎれば皮膚の乾燥は加速します。

確かに夏にたくさんの汗をかいたときなどは石鹸は必要です。

ですが家遊びしかしない日には石鹸は必要ありません。

あまりにも石鹸を使いすぎると

  1. 肌がつっぱるようになり
  2. 乾燥が進行します

乾燥が進行すると、毛細血管が赤く目立つようになりかゆみも感じやすくなります。

1日1回泡立てた石鹸でよく洗ってあげたら、汚れが落ちて綺麗になります。

同じ日に何度も石鹸を使うと乾燥につながるため注意しましょう♪

入浴後の適切な保湿でつっぱる肌にさようなら!

120184

赤ちゃんの皮膚のつっぱる症状を緩和したいのなら、

保湿が大切

になります。

  • 室温を調節して20度~25度
  • 湿度は50%~60%

をキープしてみましょう。

赤ちゃんの皮膚は敏感なので、

部屋の環境に変化を持たせる方法がおすすめ

です。

赤ちゃんの頬をつついてみて、しっとりとプルンとしていれば安心です。

カサカサしているようなら室温や湿度を調節してください。

地道な努力が、赤ちゃんの肌のつっぱる症状を緩和させていくはずです♪




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ