赤ちゃんを冬の乾燥から守るためには!?

冬になると、気温がぐっと下がります。赤ちゃんの健康には気を配りたい季節ですね。

h080709

寝返りが打てるようになると赤ちゃんは布団やタオルケットを蹴飛ばしてしまいます。

風邪やインフルエンザから赤ちゃんを守りたいというと思うと暖房に頼りがちに・・・。

冬になると晩はエアコンやファンヒーターを付けたままのお宅も多いはず。

暖房を入れることで

  • 室温は高くなりますが
  • 同時に乾燥に拍車が掛かる

デメリットも。

さらに朝起きると

  • 体が乾燥でかゆみが出たり
  • 喉が張り付いたようにイガイガする

ことも。

大人もそうなのですから、赤ちゃんも同じように不快感を持っています。

冬の季節は、家の外も乾燥してしますが、家の中も乾燥しているということです。

加湿器にたよらない方法!

120184

乾燥すると赤ちゃんの皮膚は、みるみるまに、ガサガサになってしまいます。

そうなってから、初めて加湿器使うお母さんも多いのでは?

ですが加湿器と暖房はあまり効率的ではありません。

そんなときは家にある身近なもの使うと効率的に加湿ができます。

濡れタオル加湿法!

h080709

赤ちゃんにとって、タオルは何枚あっても足りないくらい♪

洗濯したら、

  • 乾燥機にかけるのではなく
  • 部屋の中にタオルハンガーなどで干す

ことで加湿できます。

  • 暖房によって早く乾き
  • 室内に適度な湿気をもたらす

ので一石二鳥です。

大抵のお宅は、夜間は暖房の調節ができないので、朝になるまで暖房がつけられたままです。

ですが、濡れタオルを干せば自然な湿度を保てます。

タオルだけは夜洗濯をして、寝る前に赤ちゃんのいる寝室に干してみましょう。

朝起きると、

赤ちゃんの肌が乾燥でガサガサになっている!

という悲劇を防ぐ事ができます。

お湯とアロマオイル効果

  1. 洗面器に熱めのお湯を用意して
  2. その中にお好みのアロマオイルを垂らしましょう

良い香りがリラックス効果をもたらすので、お母さんの疲れも癒されちゃいます♪

湯気が室内の乾燥を防いでくれます。アロマオイルには、多様な種類があります。

乾燥する冬には、消毒効果や抗炎症作用のあるサンダルウッド(白檀)がオススメです。

肌のハリを取り戻したいのなら、ローズウッドもGOOD!

免疫力を上げるので赤ちゃんのスキンケアおすすめです♪

お風呂の入り方で乾燥は防げる!

135881

お風呂の入り方にも乾燥を和らげて防ぐコツがあります。

冬だからこそ一手間掛けて、赤ちゃんに潤いを持たせてあげたいですね。

石鹸を泡立てる!

石鹸を適当に泡立てて擦ると、皮脂を取り除き過ぎてしまいます。

少ない泡で柔らかく汚れを絡めとり潤い成分を残してあげましょう。

  1. ペットボトルに石鹸水を入れて
  2. 蓋をして振ってみると
  3. 簡単に泡立ちます

泡を手のひらに取り出して、赤ちゃんをふんわりと洗ってあげると、乾燥を防げます。

ゴシゴシ洗いは厳禁!

080707

ベビー用タオルを使用しているから・・とゴシゴシ体を洗うのはNG!

  1. 皮膚が必要以上に擦れて
  2. 取り除かなくても良い新しい皮膚も剥がしてしまうからです

結果、

  1. 炎症を起こして
  2. さらに乾燥を加速させてしまう

可能性も・・・。

赤ちゃんの肌は、大人よりもずっとデリケートにできています。

優しく拭き取る程度の刺激で、十分汚れは取れていきます。とくに冬は汚れも少ないはずです。

夏のように汗などで、かぶれることも少ないので神経質にならない方が良いでしょう。

お風呂上がりには保湿!

120184

お風呂上がりはすぐに保湿してあげてください。

乾燥がひどい時にはワセリンを使います。

最近では赤ちゃん用のベビーワセリンが市販されています。赤ちゃん用は安全性も万全です。

保湿をするときに使うクリームは大人用のものはNG!

赤ちゃんの肌荒れを防ぐためにも必ず赤ちゃん用の保湿クリームを使いしましょう。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ