新生児のおしりふきのオススメは?でかぶれ予防に効果!!

赤ちゃんの肌はデリケート。少し爪が引っかかっただけでも傷になってしまいます。

080710

特に新生児の皮膚はとってもデリケートで注意深く扱わないといけません。

大人に比べて表皮が半分しかないため、何かの刺激ですぐに荒れてかぶれてしまいます。

新生児の肌トラブル、一番の心配は?

080710a

そんな生まれたばかりの新生児の肌トラブルで一番心配されるのが、

おしりのかぶれ

です。

新生児は母乳あるいはミルクのみを栄養源にしていますが、一度に多くは飲めません。

そのため、回数を頻繁に飲む事で自然と排泄も多くなっていきます。

新生児は一日に

  • 排尿回数が15回~20回
  • 排便回数が2回~10回

ほどです。

生まれたばかりの時は、離乳食を食べられませんので母乳からの食事になります。

すると、便の形状も水っぽく緩いものになり、おしりもかぶれやすくなるのです。

おむつかぶれを防ぐためには?

小まめにおむつを取り替えていても、排尿、排便とトータル17回~30回も交換回数があります。

その多さに

  • 手抜きをしたり
  • 拭き取りが不十分

だと、新生児はすぐにおむつでかぶれてしまいます

不快で痒くて、赤ちゃんは泣き喚くしかなく、お母さんもイライラが募ることでしょう。

そんな悪循環を断ち切るには

より良いおむつ環境を整えてあげる

ことです。

かぶれ予防の為にはおしりふき!

120184

ここで登場するのが、おしりふきです。

赤ちゃんのおしりを清潔に保つための必需品。

昔ながらのやり方だと、濡れたガーゼで毎回おむつ交換の度に拭き取りました。

または、そのたびにベビーバスにお湯をためて、おしりを洗い流す座浴というものもあります。

ですがこうした古い方法だと、体力に乏しい新生児はすぐに風邪をひいてしまいます。

またお母さんの手間も掛かるので、あまりオススメの方法とは言えません。

おしりふきはどのくらい普及しているの?

赤ちゃんを出産した病院などでも濡れガーゼや、座浴を積極的に指導してくる事はほぼありません。

むしろ、赤ちゃんの肌に優しいノンアルコールの使い捨ておしりふきをおすすめされる事が多いはずです。

ユニ・チャームの調査によると退院後おしりふきを利用するお母さんは85%にものぼるそうです。

これは入院中の保健師などの指導にもおしりふきを推奨する向きが多いからです。

市販のおしりふきは良く研究されていて、新生児の特性を踏まえたうえで販売されています。

こうしたものを臆せず利用したほうが、赤ちゃんの健康のためにも賢明な判断ではないでしょうか。

オススメのおしりふき!

h080709

新生児にとって、弱い皮膚を守るおしりふきの存在は、快適な生活を送る上で欠かせないものです。

だからこそ良いものを選んで使いたいですね。ここは妥協しないで選びたいものです。

まず、ノンアルコールが基本

そのためアルコールが配合されたウエットティッシュはNG

必ず赤ちゃん用のおしりふきを購入してください。赤ちゃん用のおしりふきはノンアルコールです。

人気のおしりふきってどんなものがあるの?

080710a

お母さんたちに圧倒的に人気なのが、赤ちゃん本舗の「水99%Super新生児からのおしりふき」です。

超純水99%使用で、残り1%も厳選し防腐剤や殺菌剤を極力抑え0.3%以下にしています。

西松屋から出ている「ママとパパのおもいやりシート」もオススメです。桃の葉エキスが配合されています。

また肌と同じ弱酸性なので、新生児には優しい仕様になっています。

他にもおしりふきと名のつくものは数多にのぼりますから、成分など見極めて購入してみてください。

  • 使い始めておしりが赤くなったり
  • 汚れが上手に取れない

という場合には妥協せず、別のものに変更しましょう。

上手なおしりふきの使用法!

おしりふきの使い方はとっても簡単。

おむつ交換のときに便や尿で汚れた部分を丁寧に拭き取るだけです。

このとき、

便の残りや尿の残りが皮膚に付着したままだとかぶれの原因になる

ので注意しましょう。

おしりだけでなく、男の子なら睾丸の周囲や裏にも気を配ります。

女の子なら外陰部に汚れがないか注意します。

見逃してしまうとあらたな病気の元になりますから、毎回大変だとは思いますが頑張りましょう♪

135881

おしりふきは、水に流せるタイプのものがありますから、こうしたものはトイレにそのまま流せます。

時間を短縮する意味でも、便利な機能を重視しておしりふきを選ぶのも良いかもしれませんね♪




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ