新生児の肌がガサガサになる原因って?

生まれたばかりの天使のような赤ちゃんの肌。
そんな新生児のお肌がガサガサになることがあります。

突然のガサガサ肌にビックリすることもありますがその原因はいくつかあります。

096922

おっぱいかぶれ

まだ産院に入院中の新生児の赤ちゃんの

  • ほっぺたが真っ赤になり
  • 荒れてガサガサになる

ことがあります。

これは俗におっぱいかぶれと言うもので「おっぱいを飲んだ時ほっぺたにおっぱいがつきかぶれたもの」です。

おっぱいかぶれを防ぐためには?

096921

ほとんどの赤ちゃんはおっぱいを飲ませた後に

濡らした柔らかい布で口の周りを拭く

ようにすると治ります。

この時

  1. ぬぐうようにせず
  2. トントンと軽くたたくようにして
  3. なるべく赤ちゃんの肌を刺激しないようにします

大抵はそうしていると、赤ちゃんの肌がおっぱいに慣れていつの間にか治っています。

それでも治らない場合は

拭いた後やお風呂の後に保湿剤を塗る

と良くなります。

その際は使い勝手の良い保湿剤(ちなみに私は水の彩という保湿クリームを使っています)がおすすめ。

乳首を拭くシートが原因の場合も!?

産婦人科では授乳の前に乳首を消毒するように教えてくれます。

中にはお母さんが乳首を

消毒する為のシートがかぶれの原因

になることもあります。

病院によって違う!?

私の経験では、

一般の産院では消毒しなくて良いと言われました

が、

公立病院では「必ず消毒を」と指示

されました。

一般の産院では、おっぱいは無菌状態ですし、乳首についている菌くらいには慣らしていった方が良いという考え方のようです。

実際昔は乳首の消毒用のシートなど売っていなかったでしょう。

万が一、赤ちゃんのガサガサ肌の原因がシートの場合、消毒しないのが心配な方は

  1. 滅菌されたコットンを
  2. 水かお湯で濡らし
  3. 授乳前に乳首を拭く

と良いでしょう。

新生児落屑(しんせいじらくせつ)

096922

これは新生児に必ず見られる現象で、

肌がポロポロと剥がれ落ちる状態

を言います。

赤ちゃんが羊水の潤いの中から外界へ出て、皮膚が乾燥することに依って肌の表皮が剥けるものです。

新生児落屑のケアポイントは?

096921

全身で見られるので心配になると思います。

ですが、無理に剥がそうとせずに

お風呂で洗っているうちに自然と取れていきます

から安心して下さい。

「新生児落屑」に関しては保湿の必要はありません。

どうしてか言うと、新生児は新陳代謝が活発なので、剥がれた皮膚の下から新しい皮膚がちゃんと作られてくるからです。

ただ、乾燥しやすい肌質の赤ちゃんの場合、

乾燥から湿疹を起こし痒がる場合もある

ので、そういった場合は保湿をしてあげると良いでしょう。

新生児の肌は乾燥に敏感!?

096922

赤ちゃんの肌は大人の肌の半分くらいの厚さしかありません。

そのため、肌の中に水分を多く含むことができません。

もし、空気が乾燥している場合は、新生児でも保湿が必要になります。

赤ちゃんの乾燥肌対策!スキンケアのポイントまとめ!

炎症を起こしている場合は・・・

「新生児落屑」でも、湿疹やアトピーの疑いを持った場合でも、

皮膚が炎症を起こして赤くなっている場合

は、産科か小児科か皮膚科を受診した方が良いでしょう。

何かの理由で湿疹が出たり、バイキンが入った恐れもあるからです。

目立たない部分も清潔に!

096917

また、

  1. 赤ちゃんはくびれた部分が多いので
  2. お風呂の時にはくびれた部分をガーゼでは無く
  3. お母さんの手で石鹸を使ってよく洗うようにすると
  4. 赤味が取れることもあります。

特に

  • 耳の裏
  • 脇の下

などが洗い忘れることが多い部分なので、気を付けてよく洗ってあげましょう。

ベテランママおすすめ保湿剤♪

h080709
赤ちゃんの繊細なお肌に!!助産師・各施設で使われている保湿剤!
⇒ファムズベビー




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ