沐浴の後には保湿が大切!?その理由って?

新生児は大人と違い、雑菌に弱く抵抗力がないので沐浴が欠かせません。

そんな沐浴にもルールがあります。
ルールを守ってしっかりと沐浴させましょう♪

h080709

沐浴のルール!

120184

必ずベビーバスを使う!

お風呂は浴槽が深いので、何かの手違いで赤ちゃんを落としたら大変です。

そうした事故を防ぐためにもベビーバスを欠かせません。

高価なベビーバスでなくて良いので沐浴の際には必ずベビーバスを使いましょう♪

必要に応じて沐浴剤を!

新米ママの中には「沐浴剤は必ず必要なのかな?」と思っている方も多いのでは?

でも、沐浴剤は必要に応じて使うくらいでOK!

080706

特に、赤ちゃんを抱えながらの石鹸使用が危ないと思う場合は沐浴剤がオススメです。

沐浴剤は、石鹸を使用しなくとも赤ちゃんの皮膚を清潔に保ちます。

すすぎもいらないので赤ちゃんの扱いに慣れていない人には重宝します。

風邪を引きやすい赤ちゃんには生姜湯を!

h080709

沐浴も手馴れてくるとサッサとできるのですが慣れないとそうもいきませんね。

手間どう時間が長いと、赤ちゃんが風邪をひいてしまいます。

そんなときにオススメしたいのが

生姜湯

です。生姜は生薬としても有名です。

体を温めてくれますので、生姜湯で沐浴させると風邪知らずです。

また生姜はタンパク質を分解する酵素が含まれていますので、体の汚れが落ちやすくなります。

殺菌能力も高いので、たまには生姜湯で沐浴してみるのも良いものですよ。

生姜湯の作り方

  1. 生姜を1片すりおろしガーゼに包みます。
  2. ゴムで茶巾にした上部をくくります。
  3. 10分ほどベビーバスに入れておきその後出します。

生の生姜でなくても乾燥生姜でも代用できます。

その場合はそのままガーゼでくくります。

お湯の中で自然にもどりますので手間がかからなくていいかもしれません。

生姜湯の沐浴方法!

生姜の成分の

お湯で赤ちゃんの体を優しくガーゼで拭いてあげる

これだけでOKです。

生姜の成分に赤ちゃんの皮膚が負けてしまうと肌荒れのもとなので生姜は少なめに。

体があたたまりますので、沐浴と同時に保湿もできます。

生姜に備わる殺菌効果で皮膚に付着した雑菌なども滅してくれるので心強いですね。

自然界にあるもので、合成されていませんから、安心感があります。

大切な赤ちゃんだからこそ、安全なものを沐浴に使いたいですね。

沐浴の後の保湿の意味って?

135881

沐浴後の保湿はとても重要。

皮膚を綺麗にすると清潔になり良い一方、乾燥の原因になります。

というのも本来必要な皮脂も洗浄してしまう可能性があるため。

ほどよい潤いを残すことで、赤ちゃんの体をしっとりと柔らかい肌に保つことができます。

沐浴剤には、保湿成分が含まれているものもあります。そうしたものを活用するとGOOD♪

また、保湿剤は

  • 低刺激
  • 保湿力のある

ものがおすすめ♪(ちなみに私の家では水の彩という保湿クリームを使っています)

アーモンドオイルが保湿に最適!?

そんな中で少し珍しい保湿オイルがあります。アーモンドを主成分にしたものです。

  • アーモンドオイル
  • スイートアーモンドオイル

という名で流通しています。

水分を肌に閉じ込めるエモリエント効果があり、皮膚を柔らかくすることで人気があります。

乾燥肌の赤ちゃんに使用するとしっとりしてきますよ♪

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンE

といった成分も含まれるので皮膚にもGOOD♪

一番うれしいのは低刺激だということです。デリケートな赤ちゃんにも安心して使用できますね♪

h080709

注意したいのが

市販商品の中には粗雑な抽出方法で作られた粗悪なものがある

ということ。

粗悪品は効果がないどころか、保湿もしっかりできません。少し値の張る良いものを購入しましょう。

100%天然植物成分のものやオーガニック認証されているものなら安心です。

ベテランママおすすめ保湿剤♪

h080709
赤ちゃんの繊細なお肌に!!助産師・各施設で使われている保湿剤!
⇒ファムズベビー




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ