赤ちゃんの保湿剤、どうやって塗ればいいの?上手な塗り方は?

デリケートな肌の赤ちゃん、毎日の保湿ケアはかかせませんよね。
うっかり保湿ケアを忘れてしまい肌がカサカサしてきた!ということもよくあります。

また毎日塗っているはずなのに肌荒れをおこしてしまった!という場合には、塗り方がちょっと足りないのかもしれません。

080710

そこで今回は赤ちゃんに最適な保湿剤の塗り方をご紹介します。

どんな保湿剤がいいの?保湿剤の選び方!

080710a

世の中に保湿剤はたくさんありますが、具体的に赤ちゃんにはどんな物を選べばいいのでしょうか?

赤ちゃん専用の保湿剤を!

保湿剤は必ず赤ちゃん専用のものを選んでください。

大人用の商品は赤ちゃんの肌には刺激が強い成分が入っているので、使うことで肌荒れをひどくしてしまうことがあります。

大人用でも無添加で低刺激のものが出ているのですが、やはり生まれたての赤ちゃんと大人の肌は違います。

そのため、赤ちゃん用と明記されている物が安心です。

赤ちゃん用のものは無添加で刺激が少ないもの多いのですが、よく成分を確認してから選ぶといいでしょう。

実際に使ってみて良かった赤ちゃん用保湿剤は?

用途に合わせて保湿剤を選ぼう!

保湿剤には様々な種類があります。

  • ローション
  • ジェル

は伸びが良く使い心地が軽く、乾燥する前に予防として塗ったりちょっとした肌荒れに向いています。

あまりべたつかないので服をすぐ着せても大丈夫です。

  • オイル
  • クリーム

はこってりとしているので、しっかり保湿をしたいお風呂あがりなどに使うといいでしょう。

気になった時につけるのはローション、しっかり保湿したいときにはオイル、など使い分けるといいですね。

保湿剤はいつ塗ればいいの?

080710a

保湿剤は「気になったらすぐ塗る!」が基本ですが、ここだけは忘れずに塗ってほしいタイミングがいくつかあります。

お風呂のあとはしっかりケアを!

お風呂上りは体の水分が失われやすい状態なので、そのままにしておくとどんどんお肌の乾燥が進んでしまいます。

  1. たっぷりの泡で優しく洗い
  2. タオルでぽんぽんとこすらずに拭いたら
  3. なるべく早く保湿剤をつけましょう

全身マッサージをするようにたっぷり保湿してください。

お出かけ前には乾燥予防を忘れずに!

冬は空気が乾き、夏は建物内の冷房で肌が乾燥してしまいます。

そのため、季節を問わずお出かけ前には肌が露出している部分に保湿剤を塗ってから出かけましょう

ママのバッグに携帯できる小さな保湿剤を入れておくと、外出先で気になった時にすぐ使えて便利です。

そして家に帰ったあとも保湿するのを忘れずに♪

ごはんの後は口のまわりに!

ミルクや離乳食のあと、口のまわりをきれいに拭いてあげますよね。その後にも保湿ケアもしましょう。

食べ物の刺激は赤ちゃんにはとても強いのですぐ荒れてしまいます。

きれいな布などで優しくぬぐったあと塗りましょう。

オムツ替えではおしりもケア!

おしっこやウンチの刺激も強いので

おしりが赤くなってしまう・・・

ことってよくありますよね。

オムツ替えの時に、おしりを拭いたら保湿剤を塗るようにしておくと楽ですね。

とにかく気になったらすぐにケアしてあげることで、肌荒れの予防になるのですぐ手に届くところに保湿剤は置いておきましょう。

どうやって塗ればいい?上手な塗り方!

120184

保湿剤を塗る、と言っても繊細な赤ちゃん。

場所によってちょっと塗り方を変えて塗ることで刺激を与えることなく塗ることができます。

顔は優しくソフトに!

顔の中で特に口のまわりは食べ物などの刺激で乾燥しやすいのでこまめに塗ってください。

顔の皮膚は他の場所より薄いので、こすらずに優しく塗るようにしましょう。

耳まわりも洗い残しなどで荒れやすいので、よくチェックして優しくつまんでなじませるように塗るといいでしょう。

広い部分はマッサージするように滑らせて・・・

おなかや背中など広い部分に塗る時には、

  • 保湿剤をママの手の平で温めてから
  • ゆっくり手の平全体を滑らせるように

塗っていきましょう。

保湿剤を手に取り、手の平をこすり合わせて温めてからゆっくりと広げるようにすると、赤ちゃんをびっくりさせずに塗ることができます。

話しかけたり、歌を歌ったりしながら塗るとママも赤ちゃんもリラックスできていいですね。

くびれの中も忘れずに!

赤ちゃんの腕や首、手首や足首など、ぷにぷにしていてくびれていますよね。

意外と忘れがちなのがこのくびれの中です。

洗い忘れも多くかゆみや赤みが出やすい部分です。

お風呂でよく汗や汚れを落とし、乾燥させてからくびれの中に指を入れて塗りましょう。

基本は上から下へ塗る!

全身に塗る時は

上から下へ塗る

ようにしましょう。

例えば、腕に塗る時は肩から手首に向かって塗る、足なら足の付け根から足首に向かって、という感じです。

指の間は寝ている間に

指に塗りたいけど指しゃぶりをするから塗れない、ということありますよね。だったら寝ている間に塗ってしまいましょう。

赤ちゃんが寝た時にそーっと指を広げながら、手の甲と指の間に塗りましょう。

h080709

我が家の娘が赤ちゃんの頃、やはりカサカサ肌に悩まされ皮膚科に行ったのですが、出されたのは薬ではなく保湿剤でした。

赤ちゃんの肌荒れにはまずは保湿ケアをしっかりすることが大事なんですね。

ベテランママのイチオシ保湿剤!!

h080709

しっとり保湿バリアが肌トラブルを防ぐ!肌荒れに悩む赤ちゃんに!

⇒アロベビー公式サイトはこちら♪



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ