新生児の保湿はいつからすればいいの?

生まれたばかりの赤ちゃんのプルプルは肌を見ていると心が和みますね♪

096920

でも自分の赤ちゃんを見ていいると肌はカサついていると感じることがありませんか?

「おかしいな・・」と思っているうちに、ガサガサの肌になっていてショックを受けるお母さんも多いのでは?

新生児の肌は敏感なため保湿をきちんとしないと、いつの間にか乾燥したカサカサ肌になってしまうのです。

新生児のお肌を健やかに保つためには保湿が欠かせません。

そんな新生児の保湿はいつからすれないいのでしょうか?

新生児の保湿はいつからがベストなの?

096921

新生児の保湿が欠かせないことが分かっても、

いつから保湿したらいいの?

と悩むお母さんも多いのではないでしょうか?

そもそも、赤ちゃんは常に細胞が生まれ変わっているため

  • 皮膚が汚れやすく
  • 老廃物がでやすい

体質。

毎日沐浴をして丁寧に洗うのはそのためです。

沐浴するときれいにはなりますが、同時に余分な脂も落としてしまい、乾燥を促してしまいます。

そのため、沐浴後のスキンケアはとっても大切。

そして、新生児の保湿は

生後1ヶ月以内には必要

になります。

また、

一番保湿が欠かせないのが生後3ヶ月以降

です。

激しい皮脂の分泌活動が、落ち着き今度は乾燥しやすくなるからです。

月齢による変化も見逃したくないポイントですね。

可愛い我が子の為にいつも眼を光らせておきましょう!

秋冬生まれの新生児は乾燥しやすい!?

096921

乾燥する季節は大人でも嫌なもの。

意識しないと外気の乾燥からあっという間にカサカサ乾燥肌に・・・。

それは赤ちゃんも同じ。

赤ちゃんの肌は繊細で新陳代謝も激しいことから本来なら常にプルッと潤っています。

ですが秋や冬の外の空気が乾燥して、

湿度が低い季節に生まれた赤ちゃんは普通の赤ちゃんよりも乾燥しやすい

のです。

そのため、意識して新生児から保湿をしないと乾燥肌になり痒くなってしまいます。

新生児の保湿のコツ!!

096922

新生児は大きくなった赤ちゃんや幼児と違い敏感で繊細な皮膚をしています。

雑に扱うことはNG。

大人と同じような対処法では乱暴すぎるのです。

保湿剤は刺激の少ないものを!

保湿に欠かせない保湿剤。

お店に行くとたくさんの種類が発売されています。

そんな保湿剤を選ぶ際は

新生児用の刺激の少ないものを選ぶ

ようにしましょう。

大人用の保湿剤を使うのは新生児にはNG。

思わぬ肌トラブルのものになるためです。

敏感な赤ちゃんのお肌は優しく保湿してあげましょう♪

沐浴時のポイント!

沐浴のときは、

  1. 柔らかいガーゼで全身を
  2. しっとりとするまで
  3. 丁寧に撫でるように洗います

沐浴後は、柔らかい素材のタオルで包み込み肌に水分があるうちにベビーオイルをすり込みます。

室内も

  • 加湿器
  • 霧吹き

などで部屋の中をほどよくしておきましょう。

赤ちゃんのくちびるを触るとちゃんと潤いがありますか?

プルプルのくちびるを指標にしておくと赤ちゃんの状態が把握しやすいです。

新生児の保湿と皮膚トラブル

新生児の皮膚トラブルはとても多いです。

場合によってはアトピー性皮膚炎になる可能性も・・・。

そういった皮膚トラブルを防ぐためにも、

新生児の保湿はすぐにするべき

です。

  • 脂漏性湿疹
  • 乾燥性湿疹

に悩む赤ちゃんにも欠かせないのが正しい保湿なのです。

096920

日々の地道な保湿で赤ちゃんの健康なお肌が作られます。

早めの保湿で新生児のお肌を守ってあげましょう♪

ベテランママおすすめ保湿剤♪

h080709
赤ちゃんの繊細なお肌に!!助産師・各施設で使われている保湿剤!
⇒ファムズベビー




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ