敏感肌の赤ちゃんには保湿で体質改善を!

赤ちゃんの肌はとっても敏感。大人と同じような扱いで簡単に肌荒れに・・・。

096919

そもそも、赤ちゃんの皮膚は驚く程薄く大人の半分程しか厚みがありません。

だからこそ

  • 皮膚のバリア未熟で
  • 刺激に弱く

が肌荒れになりやすいのです。

それでも新生児はお母さんのホルモンの影響で、赤ちゃんの肌は守られています。

問題は、このお母さんのホルモン効果が薄れ始める生後3ヶ月からなのです。

赤ちゃんの肌が敏感な理由って?

096921

お母さんのホルモンを無くした赤ちゃんの皮脂分泌量は、大人の1/3まで減ってしまいます。

さらに

  • 皮膚が薄く
  • 皮脂も少ない

敏感な赤ちゃんの肌は乾燥してしまいます。

また、赤ちゃんは

  • 汗をいっぱいかき
  • 食べこぼし
  • 便や尿

などで皮膚が汚れやすいため、肌荒れしやすいのです。

お母さんの想像を絶する皮膚の汚れが可愛い赤ちゃんから、毎日発生しているのです。

こうした敏感肌なればこそ、赤ちゃんには体質改善のための保湿が必要になってくるのです。

肌を乾燥させないケアが大切!

まず、基本的な事ですが肌を乾燥させないことが大切です。

乾燥は肌トラブルのもと。

お風呂でも低刺激のボディソープで、顔や全身をくまなく優しく洗ってあげましょう。

何度も同じ場所をしつこく洗うのはNG。

汚れを落とすことに集中しすぎると、慢性的な乾燥肌になります。

慢性的な乾燥肌に要注意!!

肌が乾燥になれてしまうと、さらに敏感肌になり、かぶれやカサつきの原因になってしまいます。

顔だけではなく、全身のどの部分に異変が起きているのか常にお母さんのチェックが必要です。

敏感肌の赤ちゃんにピッタリな保湿方法!

そんな敏感肌の赤ちゃんを肌トラブルから守るには保湿が欠かせません。

そして、保湿をするためには保湿剤が欠かせません。

市販されている赤ちゃんの保湿剤は、たくさんあるので選ぶのに迷います。

ここで大切なのが、

赤ちゃん専用の低刺激の保湿剤を選ぶこと

です。

どうして専用の保湿剤がいいの?

中にはお母さんと兼用の保湿剤を使っているご家庭もあるのでは?

実は、大人用の保湿剤は赤ちゃんは皮膚が薄いので刺激が強すぎます。

返って敏感肌が悪化してしまうことにもなりかねません。

そのため、大人用をみんなで使うよりも

赤ちゃん用保湿剤みんなで使う

ことをおすすめします。

赤ちゃん用の保湿剤は

  • 刺激が少ない
  • 使い心地が良い
  • 保湿力がある

ため、大人にもおすすめです。

どんな保湿剤を選べばいいの?

096921

最初から大きなものを買う必要はありません。

もし購入して赤ちゃんに合わなければ意味がないからです。

まずは、小さめの保湿剤を試しましょう♪

購入するときに気を付けたいこと!

購入する際は、含まれている成分を見て、成分が多いものはやめておいた方がいいでしょう。

本来みずみずしい赤ちゃんの肌には、シンプルなもので十分なのです。

もし、保湿剤選びに迷っている方は実際に私が使って良かったものをまとめているので参考にしてみてください。

⇒実際に使って良かった保湿剤まとめ

自然由来のハンドメイドの保湿クリーム

市販されているものではなく、自分で作りたいハンドメイド志向のお母さんも多くなりました。

我が子に使うものなので自然由来の保湿剤を使うことで、安全性を高めたい気持ちはわかります。

でも闇雲にハンドメイドで保湿剤を作ってしまうのは危険です。

より安全性に気を配りましょう。

シアバター保湿クリームの作り方

ここでは、シアバターを使用した、保湿クリームについて説明します。シアバターは安全性も確かです。

ガーナやナイジェリアでは、生まれたばかりの赤ちゃんにシアバターを塗り紫外線対策するそうです。

このシアバターとは、シアバターの木の種から採取される植物性脂肪のことです。

西アフリカ諸国では、神聖な木とされていて、女性しかシアバターの木に触れることができません。

オレイン酸豊富で、保湿力も強くアトピーなどにも効果があるとされていますので、重宝します。

材料は

好きな食物油 5ml
好きな精油 3滴~4滴
シアバター 大さじ1杯

作り方は簡単です。

シアバターを柔らかく練り、その中に食物油と精油を入れるだけ

です。

食物油や精油を自由に選ぶことで、素敵な香りに仕上げることができるので、楽しみの自由度が高いです。

トリテンペンアルコールという成分がシアバターには含まれますので、肌を柔らかくしてくれます。

家族全員で使用できる、素敵な保湿クリームを作ってみませんか?




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ