【最低限やっておきたい】赤ちゃんの日焼け止め対策!!

これから初めての出産を控えていて不安なこと、心配なこと、どうすればいいのかわからないことがたくさんあると思います。

そんな中でも特に気になるのが赤ちゃんへの紫外線への影響ですよね。

これから春から夏にかけて紫外線の量も増えていきます。

紫外線が肌へ悪影響なのはご存知かと思います。

でも、生まれたての赤ちゃんに日焼け止めなど肌に負担をかけることをしてもいいのか悩んでいる方多いのではないでしょうか?

今回は赤ちゃんへの日焼け止め対策を詳しくまとめてみました。

赤ちゃんの日焼け止め使用開始時期と対策

生後1ヶ月頃からの外出時からの使用がおすすめ

生後1ヶ月になってくると、赤ちゃんを連れての外出が多くなってくるかと思います。

紫外線は、近年オゾン層の破壊が原因で直接、紫外線が降り注いでいるので、まだ皮膚の薄い赤ちゃんにとってはとても悪影響を与えています。

最悪の場合皮膚がんや、白内障などの病気になる可能性もあると言われています。

どうしても日中外出しなければならないという場合、ベビー用や天然由来の赤ちゃんの肌へ負担の少ない日焼け止めを外出時には塗ってあげることをおすすめします。

また赤ちゃんの肌によって、合う合わないも出てくるので心配な場合は、かかり付けの小児科などに相談してみるのもいいかもしれません。

紫外線の強い時間帯の外出は避ける

3月~9月頃まで紫外線が強い時期です。

また時間で言えば、日中10時~14時の間が一番紫外線が強いと言われています。

出来れば、お買物やお散歩をする場合は10時~14時は避けてあげる方が良いでしょう。

日焼け止めの他に出来る紫外線対策

日焼け止めを塗る事の他にできる日焼け対策があります。

  • 通気性の良い長袖の服を着せてあげる
  • 長いスッパツなどを履かせてあげる
  • ベビーカーに日よけカバーなどを付ける
  • ガーゼタイプのおくるみタオルなどを掛けてあげる
  • 極力日陰を通る様にする

日焼け止めを極力塗りたくないママにも出来る事はあります。

近年は通気性の良いお洋服が色んなブランドから出ています。

赤ちゃんの肌の露出を減らしてあげる事やベビーカーにも色々な工夫が出来るので試してみてください。

また赤ちゃんは汗かきなので露出の少ない服装をすると汗が沢山出る場合もあります。着替えも多めに用意してあげると良いかもしれません。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

肌への負担が少ないものを選ぶ

現在ベビー用の日焼け止めも沢山出回っていますよね。

基本的にSPFが少ない物を選んであげてください

目安としてはSPF15~20までの物でも、日焼け止めの効果が期待できます。

ベタ付きが少ないものを選ぶ

赤ちゃんは、ベタつきのある物を嫌がる場合もあります。

なので、スプレータイプのものや使用感がサラっとしている物を選んであげる様にしましょう。

持ち運びに適しているものを選ぶ

赤ちゃんへ使う日焼け止めの目安がSPF15~20の物を使う場合。

汗かきの赤ちゃんは汗と一緒に日焼け止めが落ちる事もあります。

外にいる時間が長いほど小まめに塗りなおしてあげましょう。

その時に、持ち運びに便利な小さめの日焼け止めを持っていると荷物もかさばらないのでおすすめ

また100円ショップなどで小さめの容器を買い消毒して日焼け止めを移し変えて使用するのもおすすめです。

ただでさえ荷物が多くなる乳児期。持ち物も上手く工夫してみるのもいいかもしれません。

赤ちゃんへの日焼け止めの塗り方

露出してる部分だけに塗る

日焼け止めは塗ってあげた方が紫外線からの影響を軽減出来ますが、出来る限り塗りたくないがママの本音だと思います。

なので、露出を控えた服装をして、そうしても隠し切れない手の甲や足首などに塗ってあげましょう。

2時間ごとに塗りなおしてあげる

汗かきの赤ちゃんなので、塗っても汗を拭いてあげる時に日焼け止めも一緒にふき取られてしまいます。

なので、汗をふき取った後や外出時間が長くなって来た場合は2時間に1回は塗りなおしてあげましょう

パッチテストを行う

赤ちゃんのお肌は皮膚が薄く繊細で敏感です。

まずはパッチテストを行い赤ちゃんの肌に合っているかを確認してから使用する様にしましょう。

もし異常などが見られた場合は小児科などに行って診てもらいましょう。日焼け止めは安全に正しく使うことが大切です。

しっかり洗い流してあげる

日焼け止めを使用した日は、お風呂の時に石鹸などでしっかりと日焼け止めを洗い流してあげましょう。

もし日焼け止めが残っていた場合には赤ちゃんへの肌に負担をかけてしまいます。

また落としやすい日焼け止めを選ぶのもポイントです。

まとめ

赤ちゃんへの日焼け止めを塗るタイミングや塗り方を見ていきました。

紫外線を浴びさせるのが嫌だからと言って外出をしない事は一日中育児をしているママにとってストレスを溜め込む原因になる可能性も・・・。

上手く日焼け止めなどを使用し、お外に散歩やショッピング、カフェなどに出かけてリフレッシュする事も大切ですよ♪

また大切なお子様に使う物だからこそ、正しく安全に使用することを心がけましょう。

ベテランママおすすめ保湿剤♪


赤ちゃんの乾燥肌対策に!!しっとりローションでもちもち肌に♪
⇒アロベビーミルクローション




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ