赤ちゃんの肌荒れ、もしかしてアトピー?赤ちゃんのアトピーは何が原因?

ふっくら柔らかい赤ちゃんのお肌。ちょっとしたことでカサカサになり赤く荒れてしまうことがよくあります。

096919

なかなか治らないと「もしかしてアトピー?」と心配になるかと思いますが、赤ちゃんがアトピーになるには、なにか原因があるのでしょうか。

赤ちゃんのアトピーはいつから?

096921

皮膚科に行くとちょっとした肌荒れでも「アトピー性皮膚炎かもしれません」というお医者様も少なくありません。

そのため、「アトピー」という言葉が有名になり、多くのママさんたちは

肌荒れ=アトピー

と思ってしまうかもしれません。

生後1~2ヶ月くらいから

  • 乳幼児ニキビ
  • 乳児湿疹

などの肌疾患が見られますが、これらはアトピーではありません

皮脂分泌の多いこの頃の赤ちゃんは、ブツブツができたり肌が赤くなったりしやすいのです。

赤ちゃんのアトピー症状が見られるようになるのは

生後4ヶ月あたりから

です。

生後4ヶ月を過ぎて

  • 赤みがあり
  • ガサガサになり
  • そんな状態が長く続く

場合には一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。

アトピーになる原因は何?

096921

アトピーとは、アレルギーの一種と言われていますが単なるアレルギーではなく、

「アレルギー反応」+「それ以外の何か」

によって引き起こされるものとされています。

考えられる要因はいくつかあり、それらが重なり引き起こされると考えられています。

  • 食べ物や化学物質などのアレルギー反応
  • 肌が敏感でバリア機能が弱い
  • 遺伝的要素

など、原因がはっきりしないため解明は難しく、予防や治療も難しいのです。

アトピーの症状は?

096921

乳児のアトピーは他の肌疾患と見分けるのが難しいのですが、アトピーにはいくつかの特徴があります。

湿疹が出る場所

096922

特に出やすいのが

  • 耳の裏側や耳たぶ
  • ひじやひざ

などの関節部分です。その他に、頭部、顔、胸、首など肌がこすれやすい場所に出ることがあります。

強いかゆみを伴う

非常に強いかゆみを伴うため、かきむしってしまいます。

そのため

治ってはまた悪化する

という状態を繰り返します。

湿疹の状態

皮膚が切れてジュクジュクとした状態になるのがアトピーの特徴です。

ジュクジュクの体液が固まりかさぶたのようになり皮膚が厚くガサガサになってきます。

かさぶたが治りきる前にまたジュクジュクした体液が出る、これを繰り返すためなかなか治らないのです。

ジュクジュクになっている場合は乳児湿疹も考えられるため、状態を落ち着いてみる必要があります。

乳児湿疹のジュクジュクと保湿の必要性は?

貨幣状湿疹

かさぶたは貨幣(お金)のように丸くガサガサになる形状から「貨幣状湿疹」と言われています。

アトピーではこの貨幣状湿疹がでるのも特徴のひとつです。

アトピーになったらどんなケアをすればいいの?

096921

まずアトピーを疑ったら小児科または皮膚科で診断を受けることが大事です。

アトピーの検査をする場合、

  1. 血液検査によりアレルギーがあるかを調べて
  2. 対応をしていく

ことが多いのですが、乳児のアトピーの場合は血液検査でもはっきりした原因が特定できないことがあります。

しかも乳児アトピーは大人のアトピーと違い、免疫力が強くなってくる1歳から2歳くらいで治まる場合が多く、特別な治療というより、スキンケアを中心にケアしていくことが必要です。

清潔に保ち保湿ケア

096922

肌を清潔にして保湿することで、肌の水分を保ち外からの刺激を防ぐ効果があります。

優しく拭いたり洗い流したりした後、保湿剤を塗りましょう。

  • 入浴後
  • 寝る前

などの他に気になったときにはこまめに塗るといいでしょう。

赤ちゃんの保湿剤、どうやって塗ればいいの?上手な塗り方は?

肌に触れるものは優しい素材を!

服やタオルなど、科学繊維のものを使うと刺激が強く更に悪化させてしまうことがあります。

  • 木綿
  • 特にオーガニックコットン

はとても肌に優しいのでおすすめです。

拭いたり洗ったり、やりすぎるのはマイナス

「ジュクジュクしていて気になるからいつでも清潔にしてあげたい」と思うでしょうが

  • 何度も拭いたり
  • 1日に何回もお風呂に入れる

のはかえってマイナスになってしまいます。

肌の機能がますます弱くなってしまうので、やりすぎずに適度に行いましょう。

ステロイドの使用は医師の指示に従って

ジュクジュクしたり炎症が強いアトピーにはステロイド入りの軟膏などが処方されることがあります。

ステロイドには副作用があり使用するのをためらうママも多いと思いますが、使用法を間違わなければ効果的な薬なのです。

ステロイドは強さは5段階のレベルに分かれており、最初は弱いものから処方され様子を見ていくことがほとんどです。

医師の指示に従い、理解した上で適切に使用すれば問題ないでしょう。

アレルギー物質がわかったら除去!

096922

アトピーの症状がひどい場合、乳児でもアレルギー検査を勧められることもあります。アレルゲンが何かわかった時には、そのものを除去しなければいけません。

ミルクの成分や離乳食の内容など、見直しをして除去しましょう。

ただし心配だからといって自己判断で除去すると栄養状態に影響が出ることもあるので、必ず医師の診断に基づいて行いましょう。

096917

アトピーになると治らない!と思うかもしれません.

ですが、乳児のアトピーは免疫力が高まり肌も丈夫になってくると治ることがほとんどなので、長い目でみてケアしていきましょう。

ママが神経質になりすぎてイライラするのはよくありません。

なかなか治らないと心配でしょうが、しっかりケアして赤ちゃんが快適に過ごせるように見守ってあげましょう。

ベテランママのイチオシ保湿剤!!

h080709

しっとり保湿バリアが肌トラブルを防ぐ!肌荒れに悩む赤ちゃんに!

⇒アロベビー公式サイトはこちら♪



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ