新生児のあせもは沐浴で対処するのが一番!?

096917

赤ちゃんはあせっかきです。しかも自分で着たり脱いだりすることができません。

だから、汗をかくことで体温調節します。びっくりすることに、汗線は新生児でも大人と同じだけあります

大人はそう感じない暑さでも、赤ちゃんを見ると顔中から汗が噴き出している事がありますね。

夏場だけじゃない!?新生児の体温調節の必要性

夏場だけ、気にしてあげたらいいかな?というは大きな勘違いです。

  • 暖房の効きすぎた屋内
  • 着衣の多さ

が原因で秋冬でも大量の汗をかいている赤ちゃんは多いのです。

寝返りが打てるような赤ちゃんであれば、その不快さを態度で表現することができます。

ですが新生児の場合はその場で寝ていることしかできないので、お母さんが注意深く観察するより他ありません。

しっかりケアしないと、あせもが発生してしまいますから、小まめに見てあげましょう。

もし、あせもができやすい体質の場合は別の対策も欠かせません。

あせもになった赤ちゃんの体質改善と治し方

新生児のあせもの症状

096922

新生児はあせっかきですから、何かあるとすぐに汗をかいてしまいます。

そのつど対処して拭いてあげればいいのですが、間に合わずに徐々に汗の出口に汚れがたまります。

汚れがたまり、角質などで毛穴が塞がれてしまうと、表皮に炎症が出てくることになります。

すると赤いぶつぶつが発生します。これはかゆみなどを伴います。これがあせもと呼ばれるものです。

あせもは、汗をかきやすい

  • 首の下
  • 脇の下
  • 膝の裏
  • 股の付け根

などに発症します。

意外に見えにくいところが酷くなる傾向あるため、沐浴時にくまなくあせもがないか探してください。

あせもを作らない新生児の沐浴方法

096917

あせもを予防するためには、とにかく清潔に汗を残さずに洗浄するしかありません。

ですが、新生児の沐浴時間の目安は、2~3分とかなり短い時間に限られているのです。

小さな生まれたばかりの新生児は体力がありませんので、長くお湯につかるわけにはいきません。

長湯すればいいわけじゃない!?

無理に長湯すれば、体力が損なわれて免疫力が低下してしまい、感染症になることもあるからです。

この短い時間内に体中のあせも部分をガーゼで拭いてあげることが必要です。

すでにあせもが酷く見られる場合は、石鹸や沐浴剤は控えてお湯のみで綺麗にしてあげましょう。

あせも予防や、あせもの状態が落ち着いていれば、石鹸や沐浴剤を使い汚れを落とします。

気を付けたい沐浴のポイント

沐浴の際には、体の上の方から下に向かい洗っていきましょう。

この順番を守るのは、下半身の汚れが便や尿メインであるので、先に洗うのは不衛生だからです。

  1. まず顔
  2. 次に頭
  3. そして首
  4. 両腕
  5. 最後が股とお尻になります

慣れればスピーディにできます。

怖がらずに、手際よく洗えるように順番を頭に入れておきましょう。

おすすめの沐浴剤&手作り入浴剤

096922

沐浴剤は、新生児のために考えられた石鹸を使わなくとも体を清潔に保てるすぐれ物です。

石鹸と違い滑りませんので、新生児を洗いながらツルッとベビーバスに落としそうになる心配もありません。

市販の沐浴剤で不動の人気のものを2つご紹介したいと思います。

スキナベーブ

発売開始から40年もの歴史を有していますので、親子二世代で使用しているご家庭もあります。

香りにも注意をはらい、邪魔にならない仄かな香りなので、安心感があります。

乾燥肌やあせも肌にも効果があるので、治りかけのあせも程度ならスキナベーブを使用しても構いません。

ピジョン ベビー沐浴料

イソステアリン酸コレステリル+セラミド2が配合されていますので、乾燥しがちな赤ちゃんの肌を守ります。

保湿成分が肌に深く浸透しますので、デリケートな新生児に肌をツヤツヤにしてくれます。

弱酸性で低刺激なので、使用するのに躊躇がいらないのが嬉しいですね。

ハンドメイド入浴剤の作り方

新生児の頃を過ぎて、3ヶ月くらいになると沐浴剤から入浴剤に移行する時期です。

その時にはハンドメイドの入浴剤を使って、赤ちゃんに優しいお風呂時間を演出しても良いですね。

ここでは、入浴剤をハンドメイドで作る際の手順をご紹介します。

涼しい場所で保管すれば長持ちしますので、新生児期の後半から作っておけば、3ヶ月目から使えますね。

用意するもの

重曹130g、クエン酸50g、片栗粉20gオリーブオイル30g

材料を混ぜ合わせて型に入れて固めれば完成です。型はハートやヒヨコなど工夫するとオリジナル感が出ます。

新生児期を過ぎたら、こうした入浴剤でお風呂タイムを楽しみたいですね。

あせもが気になる赤ちゃんには、オリーブオイルをグレープシードオイルに変更しましょう。

そこへ、アロマオイルのティーツリーを少量加えれば、炎症性の肌荒れに効果をもたらします。

ベテランママおすすめ保湿剤♪

h080709
赤ちゃんの繊細なお肌に!!助産師・各施設で使われている保湿剤!
⇒ファムズベビー




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ