赤ちゃんの汗に気づいたらエアコンを!!

赤ちゃんて汗ばかりかいている印象がありませんか?

096921

とくに暑い季節や、湿度の高まる梅雨などは何度も肌着を取り替えることになります。

体に触れると、ホッカイロのように熱くなっていることもあります。

赤ちゃんは大人のおよそ2倍の汗をかきます。

だからこそ、室温には気を配りたいもの。

赤ちゃんの快適な室温は?

096921

地球温暖化の影響で、日本も毎年暑さを更新し室内であっても、熱中症で死亡する人が出ます。

江戸時代は真夏でも30℃ほどの気温だったのですから、環境変化は恐ろしいものですね!

今ではエアコンで温度調節するのは、ごく当たり前の事。

赤ちゃんの健やかでいられる室温は、

  • 夏で26~28℃
  • 冬場は2~25℃

汗をかいているな、と思ったら室温を計り、適切な室温にしてあげましょう。

エアコンを上手に使いましょう

096922

エアコンは夏場であれば、午後に至る前にはつけておいた方がいいでしょう。

とくに地域によっては、40℃近くになる所もあります。

こうした地域に住んでいるなら躊躇は禁物。

電気代を気にするのは分かりますが、赤ちゃんが熱中症になると、重症化してしまいます。

その判断ミスから赤ちゃんが脳にダメージを受けてしまうかもしれません。

室温計は欠かさずに!!

また、室温を正確に測るために室温計は購入しておきましょう。家の構造によって室温が変化するからです。

狭い作りの部屋であれば、エアコンの効果は早まりますが、天井が高いなどの部屋では室温が一定しません。

設定温度が28℃であるのに、室温を計ると30℃もあった・・ということが実際に起こります。

室温を見ながら、エアコンの設定温度も柔軟に変えて行く必要があるのです。

エアコンから距離を置く

またエアコンの真下やすぐ横など、赤ちゃんをエアコンに過剰に近づけるのも危険です。

汗をかきやすいからといって、エアコンに近づけると一気に体温が低下してしまいます。

もともと汗をかいていたならその汗により、体を冷やして低体温にしてしまうことがあるのです。

赤ちゃんが風邪をひくようなエアコンの使い方は厳禁

意外なことのように思われますが、夏風邪で小児科を受診する赤ちゃんは非常に多いそうです。

夏風邪をひく主な理由はエアコンによる冷えだそうです。

一昔前は、扇風機だったものが現在はエアコンになりました。

エアコンは設定次第ではかなり冷たくなりますから、大人の感覚で室温を下げると赤ちゃんには大打撃なのです。

大人の都合で室温設定せずに、赤ちゃん主体でエアコンを使用してください。

換気を忘れずに!!

また、エアコンはつけっぱなしにすると空気がこもりますから、2時間に1度は換気しましょう。

エアコンの掃除もこまめにしてください。カビが繁殖して、カビを乗せたまま風が赤ちゃんの口の中に入ることがあります。

こうしたことで感染症に罹患するケースもありますから、換気とエアコンの掃除はサボらないでくださいね。

寝付きの悪い赤ちゃんにエアコン安眠

夜は幾分昼間よりも涼しいということで、エアコンを切る家が多いようです。その気持ちは分かります。

ですが、そうすると赤ちゃんがぐずり始めて、いつまでも寝付かないということになりますね。

その時に赤ちゃんの背中に手を入れてみましょう。ぐっしょりと寝汗をかいているのなら、エアコンは必要です。

そのまま無理に寝かせておくと、翌日はあせもを発症している可能性が高くなります。

タイマーの有効活用を

赤ちゃんが寝付く、1時間~2時間の間だけタイマーでエアコンを付けておくだけで違います。

その後は換気の意味も込めて、窓を開けて扇風機で対応してもいいでしょう。

赤ちゃんが眠りに落ちる間だけでもエアコンをつければ、お母さんも安眠を約束されますから体力温存になります。

エアコンの眠るときに気を付けたいこと

エアコンを付けて就寝する場合は、薄いタオルケットを赤ちゃんの腹部にかけてあげてください。

また、背中はとくに布団のせいで汗をかきやすい場所になります。背中にはガーゼを敷いてあげるといいですね。

脱水症状も怖いので、エアコンのタイマーが切れて、再び赤ちゃんがぐずり始めたら、白湯などを与えてみましょう。

水分を補給することで、体温も落ち着いてきて寝やすくなります。

096917

一晩中エアコンを付ける場合は、温度設定には細心の注意を払いましょう。寒すぎると風邪をひいてしまいます。

寝返りの打てない赤ちゃんの場合も、足で布団を蹴ってしまうことがありますから、お腹の冷えには注意しましょう。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ