トラブルの多い赤ちゃんのお肌には保湿が欠かせない!?

h080709

乾燥はいろいろな肌トラブルの元凶。お肌が敏感な赤ちゃんならなおさら。

場合によっては乾燥による肌トラブルがアトピーに・・・

また、新生児のときに保湿をしっかり行うことでアトピー発症率を3割減らせるという研究結果も発表されています。(成育医療センターより)

ベテランママの知恵袋ではそんな赤ちゃんの保湿のために必要な情報をまとめています。

赤ちゃん保湿剤ランキング!!実際に使ってみて良かったのは?

  1. 水の彩

    P1050023保湿力使い心地の良さが特徴の保湿クリーム。

    プルッとしたジェルクリームで
    しっとり肌に!

    家族みんなが使えるお肌に優しい保湿クリームです。

    ⇒詳細はこちら♪


  2. ファムズベビー

    P1050150バリアでお肌を守る保湿剤ファムズベビー。

    サラサラのムースでお肌にバリアを作る保湿剤。

    乾燥肌からよだれかぶれおむつかぶれまで繊細な赤ちゃん肌におすすめ!

    ⇒詳細はこちら♪


  3. みんなの肌潤糖

    P1050130保湿力抜群なみんなの肌潤糖。

    乾燥肌の赤ちゃんにおすすめの保湿剤です。

    付けた後、長時間しっとり肌に!

    ⇒詳細はこちら♪


赤ちゃんの保湿は早ければ早いほどいい!?

新生児は皮脂が多く、一見乾燥していないように見える場合があります。
そのため、生まれてからしばらくは保湿の必要がないと言われることもあります。

でも、赤ちゃんのお肌をトラブルから守るには「生まれてからすぐに」保湿をしてあげるのが良いでしょう。

保湿と言っても特別なことは必要はありません。
赤ちゃん用の低負担な保湿剤を使うだけ。

特にお風呂上りにケアをしてあげることは欠かせません。
お風呂上りにスキンケアをしてあげないとすぐにお肌からうるおいが逃げてしまいます。

保湿によって乾燥肌を防ぐことでトラブルからお肌を守ってあげましょう。

上手な保湿の方法って?

080710a

赤ちゃんの保湿と言っても大人とあまり変わりません。
保湿剤を適切な場面で使うだけ。

ただし、注意すべき保湿タイミングはあります。

  • よだれを拭いたとき
  • おむつを交換したとき
  • お風呂上り

こういったタイミングは特に気を付けましょう。

お風呂上りなどお肌を清潔な状態をしたうえで保湿するのはとても有効だと言われています。

お風呂上り以外でもできる限りお肌は清潔にしたうえで保湿剤を使うのがおすすめです。

また、乾燥が気になるときはすぐに保湿してあげましょう。

もし、保湿をいくらしても乾燥が治まらない場合はすぐに病院に行きましょう。

赤ちゃんに合う保湿剤選びのポイントは?

赤ちゃん用の保湿剤と言ってもその種類はたくさんあります。
実際に購入しようとするとどれにしようか迷ってしまうもの。

そんなときは次のポイントに従って選ぶとよいでしょう。

  • 使いやすい
  • 刺激の少ない
  • お肌に優しい

使いやすさは特にポイントです。

保湿は毎日行うものなのでべたつきが強かったりすると赤ちゃんの機嫌が悪くなり、続けて使うことは難しくなります。

そのため、使いやすいものを選ぶようにするとよいかもしれません。

おむつかぶれにも保湿が欠かせない!?

赤ちゃんに欠かせないおむつ。

布おむつに比べ、紙おむつの性能が格段にアップしていますがそれでもおむつかぶれを完全にふせぐことはできません。

というのも赤ちゃんのおしっこやうんちにはお肌を刺激する成分が含まれているため。

そのため、おむつかぶれを防ぐにはまずは「お肌を清潔にすること」が欠かせません。

その上で欠かせないことがもう一つ。それが「保湿」です。

おむつ交換にときは、おしりふきでお肌を清潔にしてあげたら、必ず保湿剤でスキンケアをしてあげましょう。

おしりふきを使うことで少なからずお肌のうるおいが逃げてしまいます。

失ったうるおいを補充せずにそのままにしていると乾燥肌になり、肌トラブルの原因に・・・。

そのため、「拭いたら保湿」をセットで習慣づけることが欠かせません。

スキンケアをしてもカサカサする場合の対処法!!

120184

いくらスキンケアをしてもカサカサする場合は次のことをチェックしてみては?

使う保湿剤の量が少ない

コスパを気にするばかりに赤ちゃんのスキンケアに使う保湿剤の量を節約している方もいらっしゃるのでは?

量を少なくするとせっかくのスキンケアも保湿の効果が半減してしまう可能性が・・・。

最低でも500円玉くらいの量は使うようにしましょう。

洗う・拭くたびに保湿ケアを!!

赤ちゃんの肌を洗ったり、拭くたびにうるおいが奪われます。

こまめにスキンケアをしないとすぐに乾燥肌に。

  • 拭いたら保湿
  • 洗ったら保湿

このセットを習慣づけるようにしましょう。

この習慣づけで常にうるおったお肌になり、肌トラブルから赤ちゃんを守ることができるでしょう。

おうちのケアでもカサカサが良くならないときは?

紹介した保湿ケアをおうちで行っても状態が良くならない場合もあるかもしれません。

その場合は、自分で頑張らずにお医者さんに診てもらいましょう。

場合によってはアトピーの可能性もあるため、しっかりとお薬をもらったうえで対応する必要があるためです。

また、肌荒れがひどいときもお医者さんからお薬をもらって炎症を抑えることが大切です。

赤ちゃんの肌の状態が良くなったらおうちでの保湿ケアにスイッチするのが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ